Please click on
a link bellow to see
our recent offer!
Prague Tours
Prague Tours in English,
German, Russian,
Spanish and Japanese
TWO HOUR EXCLUSIVE
WALKING AND DRIVEN
PRIVATE TOURS
Private Prague
Boat Trips
Transportation
& Transfers
Watch Video Clips
Country Trips
- by Direction

- by Interest
All Trips A-Z
Package Tours
Outside Prague
Romantic and
Adventure Tours
Price List
Accommodation
Rent of Apartments
Testimonials
Contact

コース プラハ ユダヤ人街

Order Tour Code: P4
Tour availability: Tour available in summer season Tour available in winter season Recognized by UN as an unique heritage site

このコースは 現在に残された中世から起こったユダや人の街を歩いて見学します。現在シナゴク教会には プラハのユダヤ人の歴史や文化生活を展示した博物館になってます。数千の中世のお墓のある世界で最古と言われるユダや人墓地。旧新シナゴグ、ゴレムのお話に耳を傾けて下さい。又 もし興味がありましたら フランツ カフカの眠る新ユダや人墓地にもご案内いたします。

The price list of Private Prague Sightseeing Tours.
The price list of Transfer in Prague.

お客様のご要望に応じた観光手配を致します。ライセンスを持ったガイドさんを各国のお 客様に応じて 英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、イタリア語 更に 日本語、中国語、ポルトガル語、デンマーク語、ノルウェー語、スヴェーデン語 ルーマ ニア語、 トルコ語、ギリシャ語、その他 ご提供致します。

観光に必要な乗り物 すべてのタイプをご手配致します。乗用車、ミニバン、ミニバ ス、リムジンやバス、その他など 観光コース どこからでもお好きな場所からスタートできます。ガイドさんがホテルまで  又はお客様のご要望の場所に 車と運転手揃えてお迎えに参ります。 たくさんなプラハ観光コースと 又プラハ郊外の観光も用意しております。グループ、会 議などのご手配も致します。



マイゼルシナゴーグ
マイゼルシナゴーグは、1590年から1592年にかけて、ゲットーのルネッサンス様式への大規模な再建工事に莫大な金額の出資をしたユダヤ人地区の司祭モルデハイ・マイゼルに建てられた。その設計及び建設を担当したのは建築家ヨゼフ・ワールとユダ・ゴルドシュミード・デヘルツであった。再建前の建物は1689年の大火で大きな被害を受け、バロック様式に改築され、のち1893年から1905年にかけてA.グロッテ教授が設計したネオ・ゴシック様式に再び改築された。元々のルネッサンス様式であった、3つの部分からなる本堂、女性用の二階のギャラリーなどは残っている。現在、マイゼルシナゴーグはユダヤ博物館の展示会場並びに金属・銀細工、宗教上の織物などの保管場所として使われている。 「ボヘミア・モラビアにおけるユダヤ人の歴史(1):黎明期から解放期まで」という常設展は、10世紀から18世紀にかけてチェコ全域におけるユダヤ人の小史を描くものである。その前編は、ボヘミア・モラビアでのユダヤ人の定住と、中世国家のユダヤ人の法的・社会的身分について、紹介されている。そして、それはマイセルシナゴーグと、モルデハイ・マイゼルに関係の深いルネッサンスに重点が置かれている。タルムード学校校長とラビとしてボヘミア・モラビアのユダヤ人社会で活躍した著名な学者(ラビ・レフ、ダビッド・オペンハイムなど)のここに展示された作品は、ユダヤ人の伝統的をも紹介している。

スペインシナゴーグ

スペインシナゴーグは、プラハで最も古いシナゴーグ(祈りの家としても使われていた旧ユダヤ人学校)があった場所に、1868年に建築家イグナーツ・ウルマンのムーア様式を取り入れた設計に基づいて建てられた。このシナゴーグは正方形の中央のホールに大きなドームを載せた設計で、ホールを囲む三方には金属をふんだんにあしらったギャラリーがあり、本堂全体の明るさを印象づけている。イスラム風にあしらわれた漆喰のアラベスク模様は、壁や扉に施された彫刻や手すり一部やギャラリーにもつけられている。 ステンドグラスや鮮やかな内装は、建築家A.バウムとB.ミュンツベルガーの設計により行われ、1893年に完成した。1836年から1847年にかけてチェコ国歌を書いた作曲家のフランティシェック・シュクロウプはここでオルガン奏者として働いていた。戦争中には、スペインシナゴーグは、ナチスがチェコのユダヤ人から没収した財産を保管しておく場所として使われていた。 「ボヘミア・モラビアにおけるユダヤ人の歴史(2):解放期から現在まで」の常設展は、マイゼルシナゴーグで開かれている常設展の後篇であり、解放期、オーストリア・ハンガリー帝国時代、第一共和国(1918-1938)、ミュンヘン会談後のナチスの占領時代(1938-1945)そして戦後から現在までのチェコのユダヤ人社会の歴史を紹介しているものである


ピンカスシナゴーグ
現在の建物は、1535年にアロン・メシュラム・ザルマン・ホロビッツによって、当時ウ・エルブーと呼ばれる自宅と旧ユダヤ人共同墓地の間に建てられたものである。戦後、このシナゴーグは「ナチスによる集団虐殺の犠牲となったボヘミア・モラビア地方のユダヤ人のための記念館」となった。犠牲者の名前と生年月日と居住地区毎にまとめて壁に記されることになった。 しかし、この記念館は、地下水浸透の危険のために1968年に閉鎖された。そして防水処置を施している時、古井戸の一部と儀式用の湯船が発見された。共産主義政権の下で考古学的調査と土台の修理が遅れたてめ壁の石に記してある名前の傷みもすすんだ。 修復作業が終わったのは1990年より後のことであり、1992年から1996年までの四年の歳月をかけ、ナチスに虐殺されたボヘミア・モラビア地方の8万人にのぼるユダヤ人の名前は元どおりシナゴーグの壁に再び手書きされた。 ピンカスシナゴーグの二階には、「1942年―1944年のテレジーンの子供の絵」の常設展が開かれている。テレジーン強制収容所の捕虜の中には、1万人を超える15才未満の子供がいた。東に送られた8千人の内、戦争の苦しみに耐えて生き延びたのはわずか242人であった。ユダヤ博物館には、その子供の4000枚の絵が保管されている。それは、第二次世界大戦におけるユダヤ人の過酷な運命の印象深い証拠と虐殺された者の只一つの記録である


旧ユダヤ人墓地
旧ユダヤ人墓地は、15世紀の半ばに造られ、旧新シナゴーグと共にプラハユダヤ人地区に残されている最も重要な記念物の一つである。最も古い墓石は1439年に葬られた学者であり詩人でもあるアヴィグドル・カラの墓石である。この墓地には死者は1787年まで埋葬されていた。現在、墓石1万2千個近くが残されているが、埋葬された死者数はこの数字を遥かに上回っている。墓地の敷地は何度も拡大されたが、その面積は次第に不足し始めたため、土に土を積み重ねていった。現在では、幾つかの埋葬層が重なっていると考えられている。様々な時代を代表している絵のように美しい墓石の群れは、古い時代の墓石が上の層によってできた。

旧ユダヤ人墓地に埋葬された最も著名な人物は、粘土で作られた人造人間のゴーレムの伝説に関係のあるラビ・レフとしても知られている宗教学者と教育者のラビ・イェフダ・リワ・ベン・ベカレル(1609年逝去)である。ここに埋葬されたその他の有名な人物には、ユダヤ人地区の司祭を務めていたモルデハイ・マイゼル(1613年逝去)、ルネサンス的学者、歴史家、数学者と天文学者のダビッド・ガーンス(1613年逝去)、学者と歴史家のヨセフ・ソロモン・デルメディゴ(1655年逝去)、ラビとヘブライ語の写本と印刷物のコレクターのダビッド・オペンハイム(1736年逝去)などの名が挙げられる。

クラウスシナゴーグ
クラウスシナゴーグは旧ユダヤ人墓地の端に立てられている。その名は、元々「クラウストルム」というラテン語の語源で、「小さい建物」を意味するドイツ語の「クラウゼン」に由来している。「クラウゼン」 (Klausen)というのは、1573年にここにユダヤ人地区の司祭モルデハイ・マイゼルが建設した三軒の低い建物のことを指していた。現在の建物は、1689年に起った大火災の後に建てられたもので、1694年に完成し、その後、19世紀の80年代に再建された。クラウスシナゴーグは、プラハのユダヤ人地区の歴史の中で重要な位置を占め、ゲットーで最大のシナゴーグであり、指定のシナゴーグとしてプラハの葬儀協会にも使われていた。 シナゴーグの本堂に公開された「ユダヤの慣習と伝統(前編)」という常設展はシナゴーグとユダヤ教祝祭の意義を説明し、シナゴーグのギャラリーに開かれた常設展は、出産、割礼、バル・ミツヴァ(十三歳の誕生日に宗教上成人男子となったことを記念して行なう)お祝い、結婚式、離婚などに関わる習慣とユダヤ人家族の日常生活を紹介している。

セレモニアル・ホール

旧ユダヤ人墓地の儀式のためと死体置場として使われていた元の建物は、1911年から12年にかけて建築家J. ゲルスターの設計によりロマネスク様式を模倣して建てられた。ユダヤ博物館の一部となった、プラハ葬儀協会ヘブラ・カデイシャ(1564年に創立)に使われたこのセレモニアル・ホールは現在、展示会場となっている。 セレモニアル・ホールの一階と二階に開かれた「ユダヤの慣習と伝統」の常設展の後編は、ゲットーにおける病気と医学、死、ボヘミア・モラビアのユダヤ人墓地


旧新シナゴーグ

旧新シナゴーグは13世紀の半ばに初期ゴシック様式に建てられた。 このシナゴーグは元々、「新」または「大」シナゴーグと呼ばれていたが、十六世紀にプラハに幾つかのシナゴーグが造られたため、やがて旧新シナゴーグと呼ばれるようになった。本堂は、現存する、十二世紀後半にウォルムスに建てられたロマネスク様式の教会やレーゲンスブルグに建てられた初期ゴシック様式のシナゴーグと同じく中世風の教会を代表している。全体が六つに区切られたアーチ形天井の格間と、各格間にわたる五本の梁が、中央にある二本の八角形柱に集結した、見事なアーチ形天井となっている。旧新シナゴーグは、高いシナゴーグとイェルサレムシナゴーグと共に今もなお礼拝が行われているプラハのシナゴーグの一つである。



The price list of Private Prague Sightseeing Tours.
The price list of Transfer in Prague.

Please send an e-mail to order the tour!
editatours@gmail.com



Any reproduction and using of texts or graphics without written permission is not permited!
2006 Private Tours Prague

Last updated on Sep 21, 2014